×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

下垂体サイト

HOME>>病気発 見!!

病 気発覚の経緯
1996 年12月初旬 体調不良(体のだるさ、激しい頭痛、異常発汗)で近所 のA医院に診察を受ける。診察の結果、 「疲労であろう」との事。点滴と飲み薬を処方してもらう。
 数日後、激しい頭痛で動けなくなり、再度A医院で診察。特に問題なしとの事。
1996 年12月中旬 出張先でまたもや激しい頭痛。会社の同僚から紹介してもらったB医院 で診察。この時、血液検査を受ける。 数日後、検査結果を聞きに行く。そのとき医師から下垂体腺腫(末端肥大症)の 可能性があるとの事。大学病院に紹介状 を書いてもらう。
1997 年1月中旬  大学病院で診察を受ける。血液検査、頭部、手、足の レントゲンなどから末 端肥大症と診断される。
運がいいの か悪いのか。。。
以 前から体調が悪かったが、仕事上で問題を抱えていたので、精神的なものだろうと思い込んでいました。まさか、こんな病気にかかっているとは本当にビック リでした。
 この病気を指摘してくださったB医院の先生には感謝しています。私を見たとき「末 端肥大症で はないか?」と 思ったらしく、その方向で診察してくださったので発見できたらしい。
 病気についても色々と説明をしていただきました。聞いたところ十万人に一人の症例らしく、めずらしい病気だそうです。

 大学病院では、レントゲン検査で腫瘍の大きさが4センチで視神経を圧迫しており、「このままでは失明する可能性もあるよ」と言われました。「治療方法 は?」と尋ねたところ、「うーん。頭を開けて手術だな。」、「まぁ入院。」とあっさり返答。「ほかに治療方法はないのですか?薬とか・・・」と尋ねました が、「腫瘍が大きすぎるので飲み薬では無理。」とこれまたさらっと返答。「じゃー地元の病院で入院したいのですが・・・・」と食い下がりましたが、「紹介 状は書いてもいいけど最終的には大学病院に戻ってくるよ。」とまたまたさらっと返答。「・・・わかりました。入院します。」これで大学病院入院決定。親に 連絡すると突然の入院で大騒ぎ。会社にも連絡して休職。一週間後、大学病院に入院しました。

 入院待機期間、いろんな事を考えました。頭を開けたらどうなるのか?元の体に戻るのか?また仕事できるのか?・・・など。考えたって仕方がないとわかっ ていながら、また考えてしまう。「成るようにしか成らない。」と自分に言い聞かせながら過ごしました。

 しかし・・・。十万人に一人の病気。運がいいのか悪いのか・・・。もしB医院で診察を受けなかったら今ごろ失明?・・・。やっぱり運がよかった事にしと きましょう(笑)。